こんにちは。johnです。

前回の記事では狩猟免許を取得するまでの内容をまとめました。
今回はその続き、狩猟免許を取得してから県に申請するまでの流れを紹介します。



狩猟免許だけでは狩りはできない

狩猟免許を実際に取得された方にとっては当たり前のことですが、免許を持っているだけでは狩りをしてはいけません。
「狩猟免許を持っているので今シーズン狩りをしても良いですか?」という感じで県に申請を行い、許可がおり次第、その地域のルールに従って狩りを行うようになります。
基本的に狩りができるのは冬から春にかけて、それ以外の時期は禁漁期間となり、農作物を守るために行う有害鳥獣駆除(イノシシやシカなど)を除いて狩りができません。



まずは猟友会へ

狩猟してもよい許可さえあれば狩りができるわけですが、実際には地域の猟友会に加入することがほぼ必須となります。
どうしてもその地域独特のルールが存在していたり、狩りの方法・解体方法を教えてもらったり、ハンター保険への加入が必要だったりするため、まずこれに加入しなければ県の許可がおりません。
ハンター保険は、私も東京海上日動に問い合わせしたのですが、個人での加入はできず、団体加入が条件の保険になりますから、自分で会社等組織を作って加入するのでなければ猟友会が一番手っ取り早い方法なのです。
もう一つの手段として、やらかしてしまった時に3000万円以上の支払いができることを証明すればハンター保険に入らなくても良いです(いやいや、加入しておくべきでしょう)。
また、猟友会としても猟師の数が減り続け、とんでもなく高齢化しているため、組織の維持・地域の害獣駆除を行っていく上で猟師が1人でも多く増えることはとてもありがたいことです。

というわけで、猟友会とか謎の組織に入りたくないな〜と考えている人もいるかと思いますが、狩りをするなら必ず加入する必要があると理解してください。
私も嫌だなと思っていた人間ですが、猟友会の支部長などはその辺にいるおじいさんとなんら変わりなく、実際に話してみるとそんな気持ちはなくなるかと思います。



申請方法

fullsizeoutput_2da
fullsizeoutput_2d9

この写真は狩猟免許合格時に送られてきた用紙になります。
書式がおそらく都道府県によって異なるかと思われますので、地方局森林林業課に行って詳細を聞くのが間違い無いでしょう。
間違えた場合、訂正印が必要になり、ボロ用紙の割に結構重要な申請です。
また、狩猟方法に応じた税金を払わなければなりません。

私の場合、猟友会に話を聞きに行ったところ、「全部こっちでやっておくから写真と費用だけ用意してくれれば良い」とのことで、先日猟友会が用意した書類に名前と住所、写真の貼り付けと費用の支払いに行ってきました。
結局、合格時に送られてきた書類は使うことなく、すべてお任せで大丈夫だったのでこちらの手間はかなり省けています。
猟友会支部長曰く「みんなで楽しく狩猟を行うための組織」とのことで、高齢者が多いこともあってこのような仕組みをとっているのだと思われます。
猟師の知り合いも、共に狩猟免許をとった知人もおらず、よくわからなかった私としてはとても助かりました。



罠トラブルは補償されない!?

一般的なハンター保険は、あくまでも銃による損害を補償してくれます。
これは猟友会の保険に加入する際にしっかりと確認しておくべき重要項目となりますが、私のような罠を中心とした狩猟を行う場合、罠によるペットや人への損害は補償内容に含まれていません
罠の場合は施設賠償責任保険に加入する必要があり、こちらも猟友会側で用意されているかとは思いますが、必ずそこは確認しておきましょう。
この保険も個人では加入できません。



申請に掛かった費用
  • 罠の狩猟税 8200円(銃は16500円)
  • 申請料 1800円
  • 証明料 200円
  • 県・地区猟会費 9000円
  • 罠用保険(施設賠償責任) 1000円(銃は3000円)
  • 猟友会費 6000円
  • 猟友会入会費 3000円
合計29500円

罠と銃を両方行う場合は合わせた金額が必要となります。
免許取得、銃所持、狩猟登録申請と結構お金が掛かりますね・・・。
この金額はあくまでも私の場合はという一例になりますから、地域によって異なってくるかと思われます。 



これで書類上の準備は完了

6月から考えると結構時間がかかってしまいましたが、これでようやく正式に狩猟を行えるようになりました(11月から)。
銃は、猟友会のおじいさんが引退する時などに安く譲ってもらえそうなら始めてみようかな?
この地域では60代の猟師が若手扱いされるレベルで高齢化が進んでいるらしく、積極的に活動に参加して仲良くなれば、なんとかなるのではないかと考えています。

次回は、罠の作成についての記事になります。



最後までご覧いただきありがとうございます☺️
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
⤴️よろしければポチッとしていただけると励みになります。